リーバイス(Levi's)501CT

リーバイスの501CTは、大きめサイズも、小さめサイズも楽しめる

 

リーバイスの中でトップ品番になっているアイテムは、2015年から販売開始している「501CT」です。501CTは、501をベースに、ウエストと裾回りを詰めて、テーパードなシルエットにお直しをして着用するユーザーが多いことから、誕生したシリーズです。

 

また、リーバイスの501R CT(カスタマイズド&テーパード)は、501Rオリジナルの裾をタイトに仕立ててあります。世界中のセレブリティやファンの声から生まれた、新しいスタイルのジーンズです。

 

着こなし方もジャストサイズ、アップサイズ、ダウンサイズと、ジャストにはくだけではありません。リーバイスは、大きめサイズや、小さめサイズをはいてみる楽しさを提案しています。それによって、リピーターも多く不動の人気を誇っています。

 

 

・リーバイスの歴史
リーバイスは、1873年に世界で初めてジーンズを作りました。このときに誕生した「501」はジーンズといえば501という地位を築きました。

 

リーバイスのジーンズは、大きくわけて3つのカテゴリーに分かれています。
過去に発売された代表的なデニムを忠実に再現した復刻デニムの「リーバイスビンテージクロージング」、素材やシルエットにこだわったファッショナブルなデニム「リーバイスメイド&クラフテッド」、そして501を筆頭にメーンとなる品番そ展開する「レッドタブ」です。「501CT」はレッドタブの中でトップの品番アイテムです。